真宗大谷派 専念山 正法寺

お問い合わせバナー

寺だより

第1回行いがわたしを導く時間行いがわたしを導く時間2020年05月01日

いよいよ行いがわたしを導く時間

(親鸞聖人ご命日のつどい)が始まりました!!


第1回目のメインテーマは、「作法を知ろう」でした

事前に何名かは来られるように連絡をいただいていたものの、

全国へのコロナに対する緊急事態宣言の影響もあり、

お寺の者以外の出席者は1名となりました。

このような状況下に参加くださり、感謝いたします。


今回のメインワークは「作法を知ろう!」でした。

メインワークの前には、

通常プログラムとして以下のことを行います。


・正信偈のお勤め

・正信偈の写経

・正信偈の解説

・ありがとうソングを歌おう(本日は、聴こう!にしました)


ありがとうソングを歌おう、というのは

自分にとっての「報恩ソング」を考えてみよう!

というワークです。


真宗寺院にとってもっとも大切にされてきた行事に、

「報恩講法要」というものがあります。


実はこの法要、宗祖親鸞聖人のご命日法要でもあり、

その日にちが11月28日であることから、

この「行いがわたしを導く時間」を設定している

28日は、そこから来ています。


「報恩」という言葉は、親鸞聖人への感謝、また聖人の前に

浄土真宗の教えに通ずる教えを繋いでくださった方々への

感謝ということが大きくかかわっており、

おかげさまでという気持ちから勤めていく法要であります。


しかしお寺へのかかわりが浅い方が、急にそのことを理解して

表現していくというのは大変に難しいことです。


ですからまず、身近な方との関わりの中で生きている、生かされている

自身を思い出したり、「ありがとう」や「おかげさま(報恩)」

の心を身体で感じていくために「ありがとうソング」コーナーを設けています。


実は今回の前に、「行いがわたしを導く時間」プレ講座を開き、

その時に「ありがとう」や「おかげさま(報恩)」を感じられる曲を

日本の歌謡曲から選んでいくワークをしました。


本日はそこで選び抜いた!次の三曲を歌詞を見ながらじっくり聴きました。


①夏川りみ「涙そうそう」


②さだまさし「Birtday」


③山口百恵「さよならの向う側」


参加者も少なく本堂も広いので、縁側に座ってゆっくり曲を感じ、

「ありがとう」の気持ちを味わいました。

今後はこの体験をされた方がまたご自身にとっての

「ありがとうソング」を探していただき、

いろんな曲を聴いていきたいと思います。


そして、メインワークの作法では、


本堂に入堂するときは?

合掌の綺麗な所作とは?

経本の持ち方とは?

焼香の所作は?


などをお伝えしたり、みなさんでそういうふうに決まっていること

の理由を考えたりしました。

その後の質問コーナーでは、


・正座からの立ち方(武士道の立ち方とは違う。。。

・お勤めの時の合掌のタイミングなど


などの問いもあり、最後まで充実の『おこみち』(行いがわたしを導く時間)でありました。


来月のメインワークは

正法寺を知ろう【住職による歴史講話】です。


正法寺の歴史って、知っているようで知りませんよね。

ぜひ、みなさん一緒に学びましょう!


写真 2020-04-28 13 57 07.jpg

正法寺に新しい法務員が!日々の出来事2020年04月14日


4月から新しい法務員が正法寺に仲間入りしております。


これからぼちぼちみなさんのお宅にも伺うかと思いますので


どうぞよろしくお願いいたします!


――――――――――――――――――――


初めまして、4月の1日から役僧をしています木村秀賢(キムラシュウケン)と申します。


出身は北海道の洞爺湖( サミットがあったところです。)なのですが、


高等学校卒業後に福岡に3年、京都に2年間居りました。


 正法寺さんには京都にあります大谷専修学院さんからの紹介で参りました。


住職さんや他の役僧さんから、とても親切に接して頂いております。


 私自身まだ未熟ので、分からない所や、失敗する事が多々あると思われますが、


これからなにとぞよろしくお願いいたします。


あなたは一体誰ですか!?正法寺キッズ2019年09月16日

9月7日


今回の正法寺キッズは、


連想ゲームをしました。


いつもなら、こちらが用意したお題でやってもらうのですが、


今回は、自分でお題を考えて、


自分で考えたヒントを出して、


他の子達が、そのヒントを基に答えていきました。


自分で考えた問題を出す、ということだからなのか、


思ってた以上に、盛り上がっていました。


問題のお題も、みんなが知っているものなんですが、


ヒントの内容が面白く、なかなか答えにたどり着けなく、


答えを知ったときは、みんな笑って、とても楽しそうでした。

空の雲は灰色だけど、地上の雲はカラフルだ正法寺キッズ2019年05月20日

5月19日


今日はみんなが大好きな花まつりなのですが、残念なことに曇り空となってしまいました。


それでも子どもたちは元気いっぱいに取り組んでいました。


例年と同じように、寺本先生からのお話とゲームをして


フラダンスチームのダンスでは、来てくれた子どもたちと一緒にダンスをしたりと大盛り上がりでした。


その他には、カブスカウトの子たちが紙芝居の発表をしてもらいました。


ほとんどぶっつけ本番だったのですが、うまく出来ていて良かったです。


その後は、洗心会の方や保護者の皆さんと一緒にクイズをしました。


問題が難しいと声が上がりましたが、みんな一生懸命に考えていたので良かったです。


そして花まつりが終わった後は、来てくれた人たちに、綿菓子を作りました。味がある中で好きなものを選んでもらいました。


綿菓子を作る際には南無船会から濵本さんと息子さんが手伝っていただきました。


今年も今年で新しいことに取り組んで、子どもたちも楽しんでくれたかと思います。


写真 2019-05-19 14 44 27.jpg



これが平成最後です正法寺キッズ2019年04月07日

4月6日


今回の正法寺キッズは、平成最後の行事となります。


そして子どもたちが進級したと言うことでお菓子作りをすることになりました。


最後と言うこともあって、多くの子どもたちが参加してくれました。


いつものように子どもたちがお勤めをした後は、ゲームをしたのですが


内容は面白かったと思ったのですが、進行がうまくいかずに盛り上がりに欠けていたと思ったので反省です。


その後は、坊守が作ったたこ焼きを食べ、子どもたちが思い思いにパフェを作りました。


自分たちでデコレーションして作っていたので、とても楽しそうでした。


次回は花まつりで会いましょう!


写真 2019-04-06 17 18 03.jpg